ボージョレヌーヴォー2019年

  1. Home
  2. ショップ
  3. ルー・デュモン・ボジョレーヌーボー【5Lバッグインボックス】

ルー・デュモン・ボジョレーヌーボー【5Lバッグインボックス】2019

  • 画像は前のヴィンテージですが、実際お届けするのは2019年です
ルー・デュモン・ボジョレーヌーボー【5Lバッグインボックス】
5L 約7本分のお買い得サイズ。パーティーやグラスワインに最適
特別価格13,350円(税別)14,685円(税込)

日本人の職人的ともいうべき徹底的にこだわったボジョレー

なんと、日本人が造るボジョレーヌーボーです。 その作り手さんは仲田晃司さん。 彼あは大学生時代にアルバイト先のフレンチレストランでワインに出会い、「いつか自分の手でワインを造ってみたい」という夢を抱いた青年は、1995年、頼るつてもなく単身渡仏。フ ランス語の勉強をしながら各地の醸造家の門を叩いて修行を重ね、2000年7月7日、ブルゴーニュの地にルー・デュモンを設立しました。
仲田さんのワイン造りを特徴付けているのは、まさしく日本人職人的と言うべき、周りがあきれるほど細部まで徹底的にこだわる仕事への執念です。
仕込むワインのテロワールや個性を研究し尽くした上で、樽の選定眼や熟成方法を駆使してワインを磨き上げます。  2003年5月、在りし日のアンリ・ジャイエ翁より「自分自身のアイデンティティをワインに表現せよ」との薫陶を受け、「日本人であるということ」「自然と人間に対する真摯な尊敬の念」の象徴として、「天・地・人」が生まれました。
 「ワインを通じてアジアの架け橋になれればと願っています」という仲田さん。現在ルー・デュモンのワインは、日本、韓国、台湾、中国、シンガポールといったアジア諸国を中心に販売されています。
ガメイを完璧に熟成させる。完熟ボジョレー 2006年に始まったルー・デュモンのボジョレー・ヌーヴォーは、2010年ヴィンテージで5年目のリリースとなり、 従来と同じサン・ヴェラン村近郊の標高の高め(400m)の畑に植えられた、樹齢70~80年の計15の古樹単一区画群のブドウ樹を用いて、「ガメイは、完璧に完熟させてはじめて、その真価を発揮します。  そのためには どうしてもヴィエイユ・ヴィーニュでなければなりません。」 という信念のもとでヌーヴォーを造っています。 また、≪年に1度のお祝い≫だからこそ、現代美術家ジェラール・ピュヴィス氏デザインによるの特製ラベル、 重厚瓶「レジェンド・アンティーク」の使用等、パッケージデザインにもこだわります。

ワインの造り方

樹齢70年から90年のヴィエイユ・ヴィーニュ。シスト表土で花崗岩質と砂利土壌。 収量は50hl/ha。 実質ビオワインのリュットレゾネ。手摘み収穫時、運搬前、発行前の3回もの選果で、徹底的に良い葡萄だけを選びます。 セメントタンクにて6日間のマセラシオン・カルボニック後、空気圧式プレス。 30%をにエーブルの森産ベルトランジュ社製樽で熟成(新樽率20%~の予定。 オリ引き時に粗目の珪藻土フィルターを使用しますが瓶詰め時はノンフィルター。瓶詰め時に最小限のSO2を添加しいます

お問合せはこちら