ボージョレヌーヴォー2021年

  1. Home
  2. トピックス>ボジョレーヌーボーの解禁日、楽しみ方
  3. ボジョレーヌーボーの解禁日、楽しみ方

ボジョレーヌーボーの解禁日、楽しみ方

 

ボジョレーヌーボーの解禁日 は、毎年11月の第3木曜日と決まっています。

今年は11月1日が木曜日なので、例年より日にちが早く 11月15日(木)が解禁日です。

そもそも解禁日とは 何でしょうか?

ボジョレーヌーボーは 新酒のワイン祭りと考えて良いと思います。

通常、ワインは1年~2年 木樽で熟成させてから瓶詰めされますが、ボジョレーはほとんど樽で寝かせられません。

そのため、葡萄本来のフレッシュさが持ち味のワインとなります。

まだできたてで、フレッシュで ピチピチした状態のワイン。それがボジョレーヌーボー。

熟成を楽しむワインではなく、今年の葡萄の出来はどんなんかな?と 葡萄の作柄に大きく影響されますので、毎年 同じ銘柄のヌーボーを飲みますと、その年のブルゴーニュ地方の天候が大体つかめます。

解禁日は、お祭り的な要素もあると思いますが、期間が設定されてないと、まだワインにならない状態での出荷など、抜け駆け出荷など、問題が起こるからだと私は思います。

日本酒でも、新酒というと、なにか神聖な気持ちといいますか、わくわくする気持ちが出てきませんか?

その新酒のわくわく感と、お祭り気分ももちろん味わえますが、私は、今年も色々なワインが出来てくるんだなー?今年のワインは まだどんな味わいになるんだろうなーって 想像しながら わくわく気分で楽しんでいます。

色々な ボジョレーを持ち寄って、ボジョレーパーティーなんか最高の楽しみ方ですよね!

ワインを知ってる方も、ワインを知らない方にも、わいわいガヤガヤと 話ながら カジュアルにワインを傾ける。 そんな事が出来るのは ボジョレーヌーボーだけだと思います。

よく、ワインを知ってる方に、ボジョレーは飲まないっと言われる方も多くいらっしゃるのですが、高級ワインとボジョレーの味わいを比べるのはナンセンス。

私は、新酒を飲む嬉しさを感じますし、なによりも 普段 ワインを飲まれてない方は、ワインに触れて ワイン文化に触れて頂く 大きなチャンスだと思っております。

皆さんに楽しんでいただきたいと思っております。解禁日の話から逸脱してしてしまいましたが・・